年齢がクッキリする目元はアイクリームで撃退

若々しい肌の維持

美容液を使う人

動植物の幹細胞で作られた幹細胞化粧品を使うと、新しい細胞が作られることで、古い細胞の除去が促されます。これにより、加齢によるシミやシワは、生じにくくなります。また、新しい細胞が増えると、刺激で劣化した細胞も除去されます。つまり幹細胞化粧品の使用で、刺激によるシミやシワも防止できるということです。

もっと見る

ビタミンCの特徴

スキンケア

ビタミンCを体内に取り入れるには、食事としてとるか、肌につけてとるかの二通りがあります。サプリなどで経口摂取したビタミンCはほとんどが体の健康のために使われます。しかし、ビタミンc誘導体を肌につけて使えば、すべてが美肌を作るための原料になります。

もっと見る

しわや乾燥を防止します

鏡を見るウーマン

毎日のスキンケアにプラス

女性の間で毎日のスキンケアにプラスして使用されるアイテムにアイクリームがあります。アイクリームは目元専用のクリームであり、乾燥や小じわが発生しやすい目元にあわせた保湿成分が配合されています。目元の皮膚はとても薄いため、刺激が少なく肌を潤わすことができる成分であることが大切です。このため、主にセラミドなどを配合したアイクリームが販売されている傾向です。セラミドは肌なじみがよく、肌を乾燥から守ってくれる働きが強いため毎日のスキンケアにプラスして使用することによって、目元を乾燥から守ってくれるのです。目元に発生しやすい小じわは保湿をしっかりと行うことによって、大幅に防止することができます。アイクリームは特に年齢を重ねた肌にはおすすめです。

エイジングケアの一つ

目元は人への印象を左右するものです。特に年齢を感じさせてしまうパーツでもあるため、40代や50代の人に人気のアイテムです。また、若い人であってもパソコンをよく使用する人などは乾燥が気になるため、アイクリームをスキンケアに取り入れている人が多くいます。目元はシワや乾燥ばかりでなく、たるみも発生しやすい場所です。まぶたは加齢によってたるみやすい部位であるため、アイクリームによって早めに対策をする人が多くいます。目元の加齢はアイメイクの映え方にも影響を及ぼすため、通常の基礎化粧品では満足できない人が、アイクリームをプラスして使用する傾向です。美しい目元は若々しく化粧映えする顔を作ってくれるため、専用のケアが欠かせないのです。

肌を乾燥から守る

目を閉じる婦人

洗顔をしたあとには、顔全体に化粧水をつけて肌を潤す必要があります。化粧水で保湿をして美容液で栄養を与え、クリームやオイルでふたをするというのが基本的なお手入れの仕方です。化粧水成分では乾燥を防ぐ効果が高いヒアルロン酸がお勧めです。

もっと見る