年齢がクッキリする目元はアイクリームで撃退

ビタミンCの特徴

スキンケア

安定性と皮膚吸収力が高い

ビタミンCのスキンケア成分は沢山ありますが、ビタミンc誘導体は安定性や皮膚吸収性を強化してあります。ビタミンc誘導体は皮膚に吸収されるとビタミンCとして分解されます。そしてビタミンCとして体内の細胞に働きかける性質を持っています。抗酸化作用、抗炎症作用、皮脂抑制作用、メラニン色素還元作用など、ビタミンc誘導体には沢山の効能があります。シミやくすみのない肌に改善し、ニキビやニキビ跡などの吹き出物のトラブルを予防します。ビタミンc誘導体には常温で保存できるタイプと冷蔵保存が必須なタイプがあります。水溶性と脂溶性は常温で保存できます。最近話題の新世代ビタミンc誘導体のアプレシエは冷蔵保存が必須です。

経口摂取と経皮摂取

ビタミンCは健康にも美容にも必要な栄養素です。ビタミンCは体内で作れないので、食事やサプリメントなどで摂る必要があります。しかし、ビタミンCは水溶性なので体内に蓄積できないという欠点があります。沢山取ってもほとんどが体外に排出されます。常に体内のビタミンC濃度を高めておくためには、一日3回に分けてこまめにビタミンCサプリを飲むのがお勧めです。ビタミンCを経口摂取してもほとんどが体のために使われるので、肌のために使われるのはごくわずかです。肌から直接摂取したほうが、ビタミンCの美容効果をしっかり得られます。そのために開発されたのがビタミンc誘導体です。ビタミンc誘導体をつければ、ビタミンCが肌のためだけに使われます。